リスク分析ビルダー

リスク分析ビルダーは、ユーザーが自社のサプライヤーや従業員の評価及び監査の結果を確認し、リスク指数( RI )を算出した方法を変更することで、審査後のリスク評価を行うことができます
これにより、組織がグローバルな潜在的脅威を管理するための総合的なアプローチとることができ、様々な方法でリスクを分析すること可能になります。
ユーザーの選択に基づき、地図上に選択した国と評価スキーム別による平均RIを表示するページに移入されます。また、RIの分布構成と管理に役立つ対話形式のチャートも作成されます。
カスタムリスク分析ビルダーは、以下のカテゴリ0における重み付けとリスク変数の選択を操作することができます。


・地理的なリスク
・企業プロファイル インディケーター
・コンプライアンススコア
・ベルチャート&シックスシグマ

ユーザー新しい評価方法を試したい場合、その新しい方法を保存して使用することで、最近完了した全ての審査においても新たな評価方法でリスク分析を行うことが可能です。尚、この新しいスコアもダッシュボードに反映されます。


SCMの特徴

SCMは、サプライヤー情報の分析と評価、内部監査と外部監査を通じてコンプライアンスの強化及びリスクの追跡を可能にします。