イベントレポート
 『サプライチェーンリスクマネジメントセミナー』

「サプライヤー管理手法のトレンドとPAS 7000」 を開催しました

6月23日、東京赤坂TKP赤坂駅カンファレンスセンターにて、BSIジャパン主催のサプライチェーンリスクマネジメントセミナー「サプライヤー管理手法のトレンドとPAS 7000」を開催し、100名以上のお客様にお越しいただきました。

セミナー前半では、インターリスク総研株式会社 事業リスクマネジメント部 事業継続マネジメントグループマネージャー・上級コンサルタントの田代邦幸氏が、サプライチェーンリスクマネジメントにおける日系企業のチャレンジについてお話しし、東日本大震災の後にサプライチェーンが途切れる事態が発生しながらも、リスク管理がきちんとなされていたおかげで、短期間で復旧した具体的な企業の取り組み事例などを紹介しながら、サプライチェーンリスクの最近の傾向と対策について説明されました。

Emmanuel Herve

BSI(英国規格協会)アジア・パシフィック バイスプレジデントであるEmmanuel Herve氏からは、サプライチェーンリスクがいかに企業のブランド低下につながるかについての講演をしました。大手航空会社やアパレル会社のサプライヤーから、不法労働、強制労働を通して製造された製品が流通することによって、実際にバイヤーのブランド価値が低下した事例も紹介されました。また、本セッションではサプライヤーリスクマネジメントにおける課題解決策として、「課題のあぶり出し」「課題の可視化」そして、「サプライチェーン全体について理解を深める」という観点において、具体的なソリューション内容のご説明をするとともに、BSIが昨年秋に策定したPAS 7000(サプライヤーの事前資格審査)を使ったデータベースの構想についての進捗についてもご紹介しました。


※セミナー当日の様子

 

サプライチェーンのグローバル化、複雑化、不透明化が進む中で、いかに早い段階からリスク対策を施し、企業のブランド価値を低下させないよう施策を取るべきか。BSIでは、お客様の様々なニーズにお応えすべく、各種サプライチェーンリスクマネジメントソリューションサービスを提供しています。

セミナー、講演等のご要望がございましたら、下記までお問い合わせください。

是非お気軽にお問い合わせください。

 

■お問い合わせ先

BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email: Japan.Marketing@bsigroup.com