規格とは?

一言で言うと、規格とは物事を行う際の決まりごとです。例えば、製品の製造、プロセスの管理、サービスの提供、原材料の供給など、組織が保証し、顧客が使用する、幅広い範囲の活動が対象となります。

規格は、製造者、販売者、バイヤー、お客様、業界団体、ユーザー、規制機関の担当者など、それぞれのテーマにおいて専門知識を持ち、所属する組織のニーズを知る人々の知恵を蒸留したものなのです。

弊社のポートフォリオには、現在の30,000以上の規格があります。これらは自主的な使用のために設計されているので、適用するかどうかは自由です。無理に一組の規則に準拠して苦労する必要はなく、より適した方法を選ぶことができます。

規格は知識です。革新と生産性の向上を助けることができる強力なツールです。組織をより成功させ、人々の日常生活を簡単、安全、衛生的にします。


規格が行うことの種類

規格は、クリケットのボールからゴールポストまで、エネルギー管理から安全衛生まで、建築からナノテクノロジーまで、幅広い分野をカバーしています。規格は、非常に特別なタイプの製品や、または経営慣行のような一般的なものに対しても存在することが可能です。

規格のポイントは、人々が製品やサービスについて同じ期待を共有するための信頼できる基礎を提供することです。次のことに役立ちます:

  • 取引の円滑化を図る
  • 経済性、効率、相互運用性を達成するためのフレームワークを提供する
  • 消費者保護と信頼性を高める。

組織は次のような規格を使用しています: