規格および規制

英国規格に準拠していれば、組織として真剣に責任を受け止めていることが明らか示されます。実際に、コンプライアンスは、しばしばデューデリジェンスの証拠として採用されています。それは確かに物事を適切に行っている態度を物語っています。

しかし、規格は規制と同じではありませんし、規格に従うことで、御社が関連する法律の範囲内にとどまっていると保証されるわけではありません。法律は規格の有効期間中に変更する可能性があるので、実際には規格はめったに法律を引用していません。


規格は、法律でどのように使われているか

政府は法律やガイダンス文書を一まとめにするときに、規格を引くこともあります。規格は、法律が長期の政策目標に集中できるように、技術的な詳細を確立するために使用されています。例えば、製品の安全性や、環境保護のために。

このようなケースでは、規格を使用することなく法律に準拠していることが通常のありかたであっても、規格の準拠は多くの場合、関連法規に準拠していることを意味します。

また、BSIは英国規格に準拠するあらゆる組織の主張を確認し監視する権限を与えられていないことを注目しなければなりません。それは、通常地方自治体で取引基準単位の問題になるでしょう。コンプライアンスを不正に主張すると、法律に反する可能性が高くなります。