OHSAS 18001:2007
労働安全衛生マネジメントシステム
入門コース

OHSAS18001(労働安全衛生)の規格の要求事項を理解したい方


労働安全衛生マネジメントシステム(Occupational Health & Safety Management System = OHSMS) は、組織とその従業員及び関係する第三者の安全・衛生・健康面の管理を、企業経営の一環として体系的に取り入れるための戦略的なマネジメントツールです。

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の導入により、事件・事故、組織をとりまく脅威などのリスクを特定し管理することで組織の健全・円滑な運営を可能にします。

労働安全衛生マネジメントシステムには、企業や組織に適用される関連法規制を遵守しながら、継続的に組織の労働安全衛生を改善していくためのプロセスが組み込まれています。 現在のリスクだけではなく、将来の安全衛生リスクについても管理し、改善をすることができます。

本コースでは、BSIが開発した英国規格BS 8800をベースとする、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の国際規格 OHSAS 18001を学びます。講義とグループ演習を通じ、規格の概要及び規格の要求事項について解説いたします。


受講対象者

  • 認証取得を目指される推進事務局の方
  • 認証取得済みの組織の方で、新しく推進事務局に従事される方
  • OHSAS 18001の内容を知りたい方 

学習目的

  • 労働安全衛生マネジメントシステムの運営準備をする
  • 労働安全衛生マネジメントシステムの監査の準備をする

受講によるメリット

  • 「労働安全衛生」のマネジメントとOHSAS 18001:2007の利点を確認することができる
  • OHSAS 18001:2007の要求事項を認識することができる
  • OHSAS 18001:2007を実践的に運用するための基本的なステップを理解することができる

コースアジェンダをダウンロード

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。