医療機能評価としてのISO 9001

2016年3月31日、厚生労働省保険局医療課より、厚生労働省告示第52号に基づく診療報酬の算定方法が改正されました(2016年4月1日より適用)。その取扱いが記載された解釈資料の「総合入院体制加算」に関して、施設基準の要件のひとつとしてISO 9001の認証が認められました。

 

以前より認められている「緩和ケア診療加算」および「緩和ケア病棟入院料」と併せて、ISO 9001の認証が施設基準の要件のひとつとして認められているものを、下記内容にてご案内致します。


(1)総合入院体制加算

総合入院体制加算とは、十分な人員配置及び設備等を備え総合的かつ専門的な急性期医療を24 時間提供できる体制及び病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に資する体制等を評価した加算であり、入院した日から起算して14日を限度として算定されるものです。

年間の手術件数や医療機能並びに以下に示す加算1及び加算2に関しては、第三者評価などが施設基準等となっています。

 

総合入院体制加算(1日につき)

 

1)    総合入院体制加算1:    240点

2)    総合入院体制加算2:    180点

 

※総合入院体制加算1及び2の要件について、公益財団法人日本医療機能評価機構等が行う医療機能評価を受けている病院またはこれに準ずる病院は、ISO 9001の認証も該当すると解釈されました。

 

参照:厚生労働省保険力医療課 疑義解釈の送付について(その1) p13(問40)

 



(2)緩和ケア病棟入院料

緩和ケア病棟入院料は、主に苦痛の緩和を必要とする悪性腫瘍及び後天性免疫不全症候群の患者に対して、入院・緩和ケアを行うとともに、外来や在宅への円滑な移行も支援する病棟で、当該病棟に入院した緩和ケアを要する悪性腫瘍及び後天性免疫不全症候群の患者について算定されます。

 

緩和ケア病棟入院料(1日につき)

 
 1) 30日以内の場合          4,926点

 2) 31日以上60日以内の場合   4,400点

 3) 61日以上の場合          3,300点

 

※緩和ケア病棟入院料の施設基準である、「がん診療連携の拠点となる病院若しくは財団法人日本医療機能評価機構等が行う医療機能評価を受けている病院又はこれらに準ずる病院」は、ISO 9001の認証も該当すると解釈されました。

参照:厚生労働省保険力医療課 疑義解釈の送付について(その1) p17(問54)



(3) 緩和ケア診療加算

緩和ケア診療加算は、一般病床に入院する悪性腫瘍又は後天性免疫不全症候群の患者のうち、疼痛、倦怠感、呼吸困難等の身体的症状又は不安、抑うつなどの精神症状を持つ者に対して、当該患者の同意に基づき、症状緩和に係る専従のチーム(緩和ケアチーム」)による診療が行われた場合に算定されるものです。

 

緩和ケア診療加算

1) 1日につき      400点


※緩和ケア診療加算の施設基準である、「がん診療連携の拠点となる病院若しくは財団法人日本医療機能評価機構が行う医療機能評価を受けている病院又はこれらに準ずる病院」は、ISO 9001の認証も該当すると解釈されました。

参照:厚生労働省保険力医療課 疑義解釈の送付について(その1) p17(問54)

 



BSIの医療機関への実績

BSIは、医療機関に向けてISO 9001認証の最前線に立ってきました。

経験豊富な審査員によって数多くの医療機関に対してISO 9001を認証した経験があります。

また大学病院やメディカルセンター等、アカデミック関係や大手医療機関に対しても多くの実績があります。

私たちBSIのエキスパートと確固たる実績を通じて、皆様に最適なプランをご提供させて頂きます。