JRCA登録CPDコース
ISO/IEC 27017 に基づく
クラウドセキュリティ解説コース

ISO/IEC 27017:2015について学ぶコースです。また、JRCA登録ISMS審査員の資格維持に必要な継続的専門的能力開発(CPD)コースとしても活用いただけます。CPD 7時間分(IRCA登録審査員,JRCA登録審査員)


ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 27001及びISO IEC/27002だけではカバーしきれなかったクラウドサービス固有の対策がまとめられています。クラウドサービスの普及が加速していくなか、クラウドサービス事業者また利用者は、クラウド固有のセキュリティリスクを理解し管理策を実装することが必要となります。本コースでは、ISO/IEC 27017で定義されているクラウドセキュリティ管理策の解説に加え、ISO/IEC 27001及びISO/IEC 27002との関係、認証制度についても説明いたします。

受講対象者

  • クラウドサービスの事業者・利用者
  • システム開発、インフラ構築、運用保守担当(SI等)
  • その他、情報セキュリティ関連の業務担当者など

学習目的

  • ISO/IEC 27017 クラウドセキュリティの管理策を知る
  • ISMSクラウドセキュリティ認証に関する要求事項を理解する

受講によるメリット

  • ISO/IEC 27017アドオン認証取得に必要な知識を身につけることができる
  • 国際基準に基づいたクラウドサービスに関係する情報セキュリティ管理策実装ガイダンスを理解できる。

 


コースアジェンダをダウンロード

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。