ISO 26000 社会的責任

CSRは、事業活動が生み出す経済的価値(よりよい製品・サービスの提供、利益の計上など)だけでなく、社会的価値(ステークホルダーのニーズへの積極的な対応など)を重視して経営を行うことです。

ここ数十年以内に、企業のCSRへの取り組みは組織にとって必要不可欠なものになっています。グローバルな意識が高まるにつれ、世界中の企業が社会的に責任ある行動をとる必要性とメリットをますます認識するようになってきています。



ISO 26000 とは

ISO 26000(社会的責任に関する手引き)は、ISOが中心となり、国連、ILO(国際労働機関)、各国政府、産業界、NGO/NPOなど多様な立場の人が関わり作り上げた、SR(Social Responsibility:社会的責任)に関する規格です。

ISO 26000は企業だけに限定されず、あらゆる組織に適用できるため、CSRからその対象を広げたSRとなっています。ISO 26000は、社会的責任を自身の組織文化に取り入れていくための「ガイダンス規格」であり、認証を行うための規格ではなく、「手引き」として使う位置づけのものです。

「手引き」ではあるものの、国際基準として発行されているため、今後ISO 26000を組織がどのように考慮しているかが、CSR/環境報告書の中でも求められてくることが考えられます。


CSR/環境報告書の検証について

意義あるCSR・環境報告書を発行するには

企業や組織が、「社会の持続可能性(sustainability:サステナビリティ)を考慮して事業を行っているか」が、組織評価・判断が行われる際の重要な指標になりつつあります。このままでは社会及び環境が、「持続可能ではなくなる」という危機感の増大により、「企業の社会的責任」が注目を集めています。

2010年11月に、国際基準である『ISO 26000(社会的責任に関する手引き)』が発行されました。これにより、組織が社会的責任についての取り組みについて公表するCSR/環境報告書を発行する「意義」がますます重要となってきています。

CSRとは

CSR:Corporate Social Responsibilityとは、「企業の社会的責任」のことを言います。CSRは、「企業が、責任ある行動が持続可能なビジネスの成功につながるとの認識を持ち、社会や環境に関する配慮を、その事業活動やステークホルダーとの関係の中に、自主的に取り入れていくための概念」と欧州委員会では定義されています。


CSR/環境報告書の検証・保証

第三者による報告書の検証・保証とは、CSR/環境報告書が、外部に公表される前に、報告を行う組織の「CSR/環境マネジメントおよびパフォーマンスが正確かつ公平に報告されているかどうか」について客観的に検証し、ステークホルダーに対して保証することです。

第三者機関が入ることで、顧客や投資家等のステークホルダーへの説明に、より客観性・透明性を持たせることができ、CSR/環境報告書の信頼を高めることができます。

BSIでは、ISO 26000のベースともなった英国規格BS 8900を開発した実績を活かし、CSR/環境報告書の検証サービスで、皆様のCSR/環境報告書の「意義を高める」お手伝いを行っています。

またBSIは、BSIグループの検証基準や環境省の「環境報告書審査基準案」、AA 1000保証基準を含むSIGMAガイドライン、さらにISO 26000などに基づいた報告書の検証や評価を行っています。情報の正確性や取り組みの妥当性を重視したこれまでの第三者検証だけでなく、報告書の質(重要性、完全性、対応性)に対する評価・勧告の実施が可能です。


第三者による報告書の検証・保証

第三者による報告書の検証・保証とは、サステナビリティ/CSR/環境報告書が、外部に公表される前に、報告する組織のサステナビリティ/環境マネジメントおよびパフォーマンスを正確かつ公平に報告しているかどうかを保証することです。どのような事業活動を行う、どの規模の組織も対象となります。

環境報告書に対する第三者検証は、相変わらず、報告書の客観性、信頼性を高める手段として、読者や政府から高い支持を得ています。取組等に対する第三者意見は、単なる感想、意見から、公表された基準に基づく評価・勧告へと進化しています。

BSIジャパンは、BSIグループの検証基準や環境省の「環境報告書審査基準案」、AA 1000保証基準を含むSIGMAガイドラインなどに基づいて報告書の検証や評価を行っています。情報の正確性や取組の妥当性を重視したこれまでの第三者検証だけでなく、報告書の質(重要性、完全性、対応性)に対する評価・勧告も実施することが可能です。御社の第三者機関によるレビューを受ける目的に応じて、的確な方法をご提案します。

第三者検証(審査タイプ)

報告書に、ステークホルダーが求める重要な情報が、正確に網羅的に記載されているか、その報告プロセスが適切であるかを中心に検証し、「第三者検証報告書」を発行します。

第三者レビュー(評価・コメントタイプ)

サステナビリティ/CSR/環境に関する取り組み全般に対してレビューを行い、評価・コメントを報告します。(順不同)


第三者検証によるメリット

BSIは、第三者によるサステナビリティ/環境報告書の検証・保証のプロセスにおいて、以下の付加価値をご提供します。

  1. 報告書のクオリティの改善
  2. 報告書に記載された情報に対して読者が持つ信頼性の向上
  3. 内部統制のやり方や報告システムの導入・改善など、社内マネジメントレベルの向上
  4. 第三者の視点によるパフォーマンス改善機会の発見