ISO/IEC 20000:2011
IRCA認定 ITSMS
審査員/主任審査員コース(A17452)

審査員レベルの内部監査を目指す方/
審査員と同等の知識が学べます


IRCA認定ITサービスマネジメントシステム審査員/主任審査員コースは、受講生がISO/IEC 20000に基づく品質マネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとしてリードできるようになることを目的としています。

本コースはIRCA(国際審査員登録機構)の認定を受けており、本コースを合格修了した受講生は、IRCAに審査員補として登録するための要件の一部を満たすことができます。

コースでは、BSIの講師専門トレーニングに合格し、IRCA認定基準を満たした講師が、 講義、ロールプレイ演習、グループワーク、及びクラスディスカッションなどの多彩なトレーニングテクニックを駆使して、受講生がISO 19011、及びISO/IEC 20000に基づく監査の計画、準備、実施、及び報告をリードできるスキルを身につけるための手助けをします。


受講に当たっての事前知識(IRCA推奨事項)

IRCAは本コースの受講者に対して、ISO/IEC 20000シリーズ規格の内容、適用及び実施に関する何らかの理解を有していることを強く推奨しています。

本コースを受講する方は、事前にISO/IEC 20000の規格要求事項を充分に理解しておく必要があります。

規格を理解するために、本コースを受講される前に下記のコース受講をお勧めします。


受講対象者

  • ITサービスマネジメントシステム構築・運用に責任を有する方
  • ITサービスマネジメントシステムの内部監査を担当される方

受講に当たっての具体的な事前知識

  • ISO 20000 要求事項の知識
  • 以下のIT サービスマネジメントの原則及び概念に関する知識
    • 組織の目的とITシステム及びサービスサポートの提供との関係
    • 財務マネジメント及びリスクマネジメントを通じた組織ガバナンスの概念
    • エンドユーザー、顧客、その他のステークホルダーの主たる利益、優先事項及び経験
    • ITサービス提供の原則
    • ITシステムの需要への組織プロセスの影響及びそのようなプロセスを変更した場合の影響
    • ビジネスインフォメーションシステムを支える典型的な技術

学習目的

  • ISO 19011、及びISO/IEC 20000に基づく監査の計画、準備、実施、及び報告をリードできるようになる
  • 内部監査責任者として、または、第三者監査を行う審査チームのリーダーとして、監査のプロセスを管理しチームをリードするスキルを身につける
  • ISO/IEC 20000の要求事項を、監査の観点から理解する

受講によるメリット

  • IRCAに審査員として登録する際に必要な要件の一部を満たすことができる
  • ISO/IEC 20000 の監査に関する専門性を身につけることができる
  • 専門的能力開発の機会を得ることができる
  • 審査員レベルのスキルで内部審査ができるようになる

コースアジェンダをダウンロード


 

コースの認定

 

本コースは、IRCA (International Register of Certificated Auditor) の認定コースです。
本コースで発行される「合格証」は、IRCA登録審査員認証基準の「審査員トレーニング」に関する規定に対して有効です。
(注)IRCA登録審査員認証基準が2012年11月19日に改訂されました。あわせて、これまではプログラムごとに提供されていた基準文書が、「IRCA1000-IRCA審査員/監査員認証要求事項」(※)という全プログラム共通の文書に統合されました。

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
  • 試験(最終日に行う筆記試験とコース全過程で講師が行う継続評価)に合格された受講生には「合格証」を、合格基準に満たなかった受講生には「受講証」を発行させていただきます。
    ※「合格証」はIRCA登録審査員認証基準の「審査員トレーニング」に関する規定に対して有効なものです。