ISO/IEC 20000:2011
ITSMS内部監査員養成コース

ITSMSの内部監査員として活躍するために必要な監査の知識・スキルを学べます


ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントシステム内部監査員養成コースは、ISO/IEC 20000およびISO 19011(国際的な監査の基準)に基づく監査を実施するために必要な知識・スキルを習得するためのコースです。

受講生は、2日間のコースで取り組む実践的な演習を通じて、規格要求事項を理解し、監査の計画、監査の実施(ロールプレイ)、報告書の作成までITサービスマネジメントシステムの監査に関する一連のプロセスを経験します。これにより、受講生はISO/IEC 20000に基づくITサービスマネジメントシステムの監査をするために必要な知識とスキルを身につけることができます。


受講にあたっての事前知識

本コースを受講する方は、事前にISO/IEC 20000の規格要求事項を充分に理解しておく必要があります。規格を理解するために、本コースを受講される前に下記のコース受講をお勧めいたします。


受講対象者

  • ITサービスマネジメントシステム構築・運用に責任を有する方
  • ITサービスマネジメントシステムの内部監査を担当される方

ISO/IEC 20000に基づくITサービスマネジメントシステムの監査をするために必要な知識とスキルを身につけることができます。

学習目的

  • ISO/IEC 20000に基づくITサービスマネジメントシステム監査をどのように実践すべきか学ぶ
  • ISO 19011に準拠した監査のプロセスを理解する
  • 監査の計画、準備、実施、報告のプロセスを管理する監査責任者の役割を理解する

受講によるメリット

  • ISO/IEC 20000及びISO 19011に基づくITサービスマネジメントシステム監査を実施するために必要なスキルを身につけることができる
  • 監査員としての専門性に自信を持てるようになる
  • 専門的能力開発の機会を得ることができる

 


 

コースアジェンダをダウンロード

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「修了証」を発行させていただきます。