苦情対応マネジメントシステム内部監査員養成コース

CMSの内部監査員として活躍するために必要な
監査の知識・スキルが習得できます


ISO 10002 苦情対応マネジメントシステム導入実践コースは、受講生がISO 10002及びISO19011に基づく苦情対応マネジメントシステム監査を実践できるようになることを目的としています。

コースでは、専門的な講師トレーニングを受けたBSI認定講師によって、受講生が国際的な監査の基準であるISO19011に基づく監査理論、及び監査技術について理解し、苦情対応マネジメントシステム監査において監査のベストプラクティスを実践できるスキルを身につけるための手助けをします。


受講対象者

  • 苦情対応マネジメントシステムの内部監査を担当される方

学習目的

  • ISO10002 に基づく品質マネジメントシステム監査をどのように実践すべきか学ぶ
  • ISO19011 に準拠した監査のプロセスを理解する
  • 監査の計画、準備、実施、報告のプロセスを管理する監査責任者の役割を理解する

受講によるメリット

  • ISO9001及びISO19011 に基づく品質マネジメントシステム監査を実施するために必要なスキルを身につけることができる
  • 監査員としての専門性に自信を持てるようになる
  • 専門的能力開発の機会を得ることができる

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • スナック菓子
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。