AS/EN/JIS Q 9100 最新改定情報

2016年9月、IAQG(International Aerospace Quality Group)は、AS/EN/JIS Q 9100:2009に替わる航空宇宙産業の品質マネジメントシステム規格の改定版、AS/EN/JIS Q 9100:2016が発行されたと発表しました。

AS/EN/JIS Q 9100 のベースとなる ISO 9001 の改定版が2015年9月に新たに発行されたため、 AS/EN/JIS Q 9100:2016 は ISO 9001:2015に基づいて策定されております。

 

既に AS/EN/JIS Q 9100:2009認証を取得されている組織様は、2018年9月までに改定版『AS/EN/JIS Q 9100:2016』への移行を完了する必要があります。同時に2018年9月以降は、全ての AS/EN/JIS Q 9100:2009 認証が無効になります。

また2017年6月15日以降の全ての審査は『AS/EN/JIS Q 9100:2016』にて審査をする必要があります。

※ AS/EN/JIS Q 9110、9120に関しても同様の流れになります。

 

国際航空宇宙品質グループ(IAQG)では各認証機関へトレーニング等を通じて改定版を共有できる体制を整え、2017年の早い段階から改定版規格への移行が開始できるように準備が進められております。

 

BSIジャパンでは、既に AS/EN/JIS Q 9100 の認証取得をされているお客様、及びこれからAS/EN/JIS Q 9100 の認証取得を検討されているお客様のために、改定版及び移行に関する様々な情報を随時ご提供してまいります。

お客様に最新の情報を提供し、AS/EN/JIS Q 9100:2016への移行作業・また新しい規格を最大限に活用できるよう、引き続き様々な形で支援させて頂きます。

 

ISO 9001:2015改定版に関しては、こちらをご参照ください。




BSIの強み

BSIは、AS/EN/JIS Q 9100 シリーズの最前線に立ってきました。

AS/EN/JIS Q 9100 シリーズは、BSIが1994年から国際委員会の事務局を務めているISO 9001をベースに策定されたものであり、ISO 9001は今日、世界中で最も認められているマネジメントシステムです。

故に、BSIはお客様の新たな規格への移行を支援するにあたって最適な環境にいます。

 

またBSIのエキスパートは、100年以上にわたって組織や製品にエクセレンス(卓越性)を提供すべくチャレンジしてきました。BSIは世界182ヶ国、約80,000のお客様と取引し、組織・製品に対してのエクセレンスを促してきました。

私たちBSIのエキスパートと過去の経験を通じて、お客様に最適な移行プランをご提供させて頂きます。



AS/EN/JIS Q 9100 改定版の背景

ISO 9001:2015への規格改定に基づき、より良い品質マネジメントシステムが構築できるよう、航空宇宙産業界・防衛産業における下記要件を考慮した新規格が発行できるように開発が進められております。

 

  • ベストプラクティスを確実にして、継続的改善へと繋げる。
  • 安全性を確実にした製品を提供できる体制を整える。
  • サプライチェーンを考慮したマネジメントシステムの確立。
  • 規制要求事項の変更に柔軟に対応できるよう、製品のトレイスアビリティーを明確に把握できる体制を整える。
  • 法令順守や、航空宇宙産業界・防衛産業の要求事項への対応を確実にする。
  • リスクマネジメントの強化。

AS/EN/JIS Q 9100 改定版の効果・目的

AS/EN/JIS Q 9100 の改訂版はISO 9001:2015の10つの条項に沿った形で進めてられております。主に下記の項目に対しての効果や事前予防を目的に策定される予定です。

 

  • 製品安全性の向上
  • リスク、人的要因の減少
  • 模倣品への対応
  • 製品のライフサイクルに対するコンフイギュレーション管理の強化
  • データマネジメント、プロジェクトマネジメントの強化
  • 製品に対するプランニングの強化と、実現性の向上
  • 製品工程、アフターサービス対応の強化
  • 品質管理・品質保証、サプライヤーマネジメントの強化